2022年下半期 IMAIビューティアワード受賞のご紹介。

IMAIが受賞した ベストコスメやアワードをご紹介します。 2022年3月30日にローンチしましたIMAI(アイマイ)は、これまで多くの方にご愛用いただき、たくさんの美容業界関係者の方々にご支持いただいております。皆様のおかげで、IMAI製品がビューティーアワードの賞をいただくことができました。本当にありがとうございます。2022年下半期で受賞したアワードをご紹介いたします。 -----------------------------------------------【アイマイ BBクリームUV】■2023年 1月号『FIGARO JAPON 』ボーテスター大賞 女優:板谷由夏さん個人賞 受賞!受賞内容に関しましては、こちらのジャーナル内にて随時更新してまいります。  

季節の変わり目に食べたい、夏のお疲れ肌回復レシピ

夏が終わるとなんだか一気に季節のダメージが肌に出てくるような感じがしてきます。特に季節の変わり目は体に一番変化が現れやすい時。体の中からケアをして、ダメージ少なく次の季節も健やかに過ごしたいですよね。今回も大人気の肌回復レシピをご紹介いたします。***** 漢方アドバイザーの久保 奈穂実先生のインスタグラムよりレシピをご紹介させていただきます。漢方アドバイザー 久保 奈穂美先生〈https://www.instagram.com/naomin_yakuzen/〉RECIPE1:肌代謝を上げてシミ撃退、サバと玉ねぎの味噌汁①鍋に出汁を取る。粉末ダシなどでOK。 ②玉ねぎの皮を剥きくし切り。①に入れる。 ③玉ねぎに火が通ったら、サバ缶を汁ごとガバっと入れる。今回は大好きな舞茸も一緒に。 ④味噌で味を整え、盛り付け、小ネギを散らしたら完成。 【薬膳的効能】・サバ:気血を補う、胃を健康にする、血の巡りを良くする、湿を除く ・玉ねぎ:胃を整える、痰を除く、気血の巡りを良くする ・味噌:お腹を温める、消化器を健康にする、解毒する RECIPE2:夏ダメージのたるみ毛穴はホクホク系で潤いプラス①じゃがいもをよく洗い、芽をとったら皮ごと細切り。 ②フライパンに薄ら油をひいて熱し、①を敷き詰めて蓋をする。 ③時々混ぜながら、狐色になったら塩と青のりたっぷりで和えて完成。 【薬膳的効能】・じゃがいも:胃の働きを調整する、お腹を整える、元気を補う、胃腸を健康にする ・海苔:熱を冷ます、痰を除く、硬い物を柔らかくする、利尿 *****いかがでしたか?季節の野菜をうまく取り入れて、内側から綺麗になって健康的なお肌を目指しましょう。簡単なレシピばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

@cosmeタイアップ企画!!

【@cosmeタイアップ企画】@cosmeのサイト内にてタイアップ企画をおこないます。以下のリンクの@cosmeのキャンペーンサイトにてご応募いただいた方の中からIMAI製品3点セット(現品)をプレゼント。 〈@cosme掲載期間〉9/7(水)〜9/13(火)@cosmeのサイト内にて実施〈プレゼント内容〉@cosmeにて応募いただいた方の中から50名様に、IMAI製品(現品)3点セットをプレゼント※当選商品の発送は@cosmeより発送されます。@cosmeのプレゼントキャンペーンに合わせまして、IMAIのオンラインストアでも特別キャンペーンを実施!! ーーーーーーーーーーーーーーー 〈実施期間〉9/7(水)〜9/13(火) 〈キャンペーン内容〉①全品送料無料 ②次回のお買い物でお使い頂ける500円OFFクーポンプレゼント ③モイスチャーベース&BBクリームUVのサンプルパウチ各5枚セットをプレゼント ーーーーーーーーーーーーーーー *****  ぜひこの機会に、IMAIオンラインストアでのお買い物をお楽しみください。

アフターケアが大切、日焼けした後の応急処置方法

日々、35℃以上が当たり前の真夏日、日焼け止めや日傘などでしっかり紫外線対策をしていても、うっかり日焼けしてしてしまうことも多いです。思わぬ日焼けをしてしまった時は、その後のアフターケアがとても大切です。特に季節の変わり目はダメージが出やすい時期でもあります。日焼け後でもアフターケアをしっかり行えば、肌のダメージも少なくなります。今回は、うっかり日焼けしてしまった時の、応急処置とアフターケア方法をご紹介いたします。*****日焼け後はすばやいケアが重要!紫外線を浴びると肌が黒くなってしまうのは、肌のメラニンが増えるためです。メラニンが増え続けてうまく排出されないと、シミの原因になってしまいます。うっかり紫外線にあたってしまっても、すばやくケアすることが美肌を保つためのポイントになります。そのまま放置せずに、すぐにケアすることを心がけましょう。TIPS1:肌をしっかり冷やす日焼け後の肌は軽くやけどをしているのと同じ状態です。紫外線による炎症を起こしているので、まずは肌を冷やしてほてりを鎮めましょう。冷やす方法は、冷却剤や濡れたタオルを顔に当てたり、スプレータイプのミストを使用するのも良いです。その際、顔は敏感なっていますので摩擦など起こらないように気をつけましょう。TIPS2:肌を保湿する日焼けをすると、角層から水分が失われて肌が乾燥してしまいます。赤みやほてりが落ち着いた後は、化粧水で肌にたっぷり水分を補給しましょう。この際も摩擦は起こらないようにしましょう。シートパックで保湿するのも良いですし、コットンに化粧水を浸して、お肌にのせるのもおすすめです。TIPS3:美白ケアアイテムを使用する肌の火照りが落ち着いたら、美白有効成分が配合された化粧水や乳液などを使用し、メラニンの生成を抑えましょう。もしくは、メラニンの排出を促す成分が配合されたアイテムを使用するとターンオーバーを促してくれます。 TIPS4:保湿冷却ジェルを塗るボディも赤みが出てしまうような日焼けをしてしまったときは、ジェルなどを使用してボディを保湿しながら肌を冷やしましょう。海で遊んだあとなどは、火傷に近い状態の日焼けになってしまうこともあります。まずは、赤みが引くように冷やしましょう。TIPS5:リップも保湿をしっかりとマスクをしているからといって、唇に日焼け止めをつけるのを忘れていませんか?知らないうちに唇も日焼けしているなんてことも。紫外線を浴びた唇は乾燥しやすい状況なので、リップクリームやリップバームを重ね塗りしてしっかり保湿しましょう。保湿した唇にラップなどして、パックをすると効果的です。*****いかがでしたか?日焼け対策してもうっかり日焼けをしてしまうことは多いです。夏をしっかり楽しんだあとは、アフターケアを行い、これから来る季節に備えましょう。

マスク生活こそオーラルケアを、プラスワンで口元美人に

マスク生活が続き口元が人の目に触れる機会は格段に減りましたが、その変わり自分の口内環境や口臭などさらに気になる方も増えたのではないでしょうか。口元の印象は思いの外、その人の印象を左右するということがわかったことも多いと思います。いま人目につくことが少ないからこそオーラルケアをしっかり行なってみませんか?歯ブラシや歯磨き粉だけでなく、新しいアイテムも年々出てきています。今回は、簡単にできるオーラルケアとオーラルケアにおすすめのアイテムをご紹介いたします。*****マスク生活が続く今、口臭や歯周病といった口内トラブルが増えているそうです。これらは口内にいる細菌が一因だと言われています。細菌を抑えるには唾液の存在が重要です。 良い唾液を増やすためにはどうすればよいのでしょう。マスクをしていると、呼吸のしづらさから口呼吸になりがちです。口呼吸ではなく鼻呼吸を意識し、こまめな水分補給をして唾液の分泌を正常化させましょう。最新のオーラルケアにはどのようなアイテムがあるのでしょうか。いつものオーラルケアにプラスするのにおすすめなアイテムをご紹介します。ITEM1:デンタルフロスデンタルフロス レモン〈Vitalmaterial〉だ液に触れると膨らむフロスが、歯肉にやさしく、歯と歯の間の歯垢を効果的にからめ取るデンタルフロス。虫歯予防や口臭予防にもデンタルフロスは使用したほうがいいよう。フレーバーもレモンやバニラなど口内がスッキリするフレーバーがあるのも嬉しい。ITEM2:タブレット歯磨き粉ソーブトゥースタブレット〈Soorb〉タブレット型の歯磨き粉は持ち運びも便利で、出先でもすぐに使用することができます。粒感がなくなるまで噛んでそのままブラッシングするだけ。植物由来ベースのタブレットだと研磨剤・発泡剤が気になる方や歯磨き粉の味が苦手な方にもおすすめ。ITEM3:マウスウォッシュフレグランスマウスウォッシュ アールグレイ〈yet〉マスクをしていると自分の口臭がより気になります。マウスウォッシュ特有のピリッとした感じが苦手な方にはマイルドなアールグレイのフレーバーのマウスウォッシュを。合成甘味料・合成着色料不使用の厳選成分と植物由来の天然成分で口内をみずみずしく保ち、口内を浄化してくれます。見た目もおしゃれなので洗面台にそのまま置いておいても違和感のないデザインがいいですね。ITEM4: マウスジェルオー・マウス・ジェル〈O Skin&Hair〉歯磨き+マウスウォッシュ+口内保湿が1本でできるオーラルスキンケア。ジェルタイプだと歯間や隅々まで洗浄可能に。またマウスウォッシュとしても使用できるので出張や旅行先はこれ1本でもOK。唇に少し塗ることで潤いを与え保湿する効果もあり、リップとしても使用可能に。*****いかがでしたか。マスクを外した時に自信を持って笑顔でいられるようにいまから口元ケアを始めてみませんか。

夏こそ洗顔の見直しを、正しい洗顔で夏のダメージを回復

皆さんは毎日の洗顔はどのようにおこなっていますか?朝起きてまず行うのが洗顔という方がほとんどだと思います。洗顔は外出した際についた汚れや、皮脂や汗などを洗うだけでなく洗顔方法を正しく見直すだけで肌の健康状態を変えることも可能に。日々の洗顔方法を見直して、健やかな肌を目指してみませんか。 今回は、正しい洗顔方法とタイプ別洗顔フォームアイテムをご紹介いたします。*****なぜ洗顔が大切なのか私たちの肌は、大気汚染や紫外線、汚れやたばこの煙、ほこりなど目に見えない外的要因にさらされています。汗をかいたり皮脂が分泌されたりしていると、それらはさらに肌に付きやすくなります。また、古い角質が肌に残っていると毛穴がつまりやすく肌トラブルの原因にもなります。ターンオーバーも滞るため、くすんで肌が老けた印象に見えることも。では、正しい洗顔とはどのような洗顔なのでしょうか。洗顔をする上で気をつけるポイントをご紹介します。別のブログでメイククレンジング方法に関してもご紹介していますのでこちらも参考にしてみてください。→正しいクレンジング選べてますか? STEP1: 手を洗う洗顔料をつける前に手を洗いましょう。手の雑菌をなくすことで清潔感だけでなく泡立ちもよくなります。STEP2: 予洗いをする洗顔料をつける前に、顔をぬるま湯で予洗いします。事前に顔を濡らすことで摩擦を軽減させたり泡立ちを良くする効果があります。 STEP3: 皮脂の多い部分から丁寧に洗う泡立てた洗顔料を顔に乗せる際は、皮脂の多いTゾーン(おでこ)から乗せましょう。その次に、頬やあごのUゾーンに乗せていきましょう。 STEP4:肌に刺激を与えないしっかり洗いたいからといってゴシゴシするのはNGです。指の腹を使って優しくクルクルとさせながら刺激を与えないように洗いましょう。 STEP5:ぬるま湯でしっかりすすぐ洗う水は冷たすぎても熱すぎてもいけません。人肌程度の30度〜34度くらいのぬるま湯ですすぎ残しのないよう優しく落としましょう。STEP6:  清潔なタオルで優しく押さえるすすいだ後は清潔なタオルで顔をぽんぽんと優しく押さえて水気を取りましょう。 また今回は、泡立つ洗顔料にフォーカスして様々なアイテムをご紹介いたします。ITEM1:気軽にたっぷり使える洗顔フォーム麗白 ハトムギ洗顔フォーム〈熊野油脂〉ドラッグストアで気軽に購入できるハトムギエキス配合の洗顔フォーム。洗顔料は少しだと泡立ちづらくなってしまうので適量を使用するのがおすすめ。ITEM2:泡立てるのが苦手な方はポンプタイプがおすすめコンフォート ムースウォッシュ〈FEMMUE〉洗顔フォームの泡立てが苦手な方も多いはず。そんな方は泡で出てくるタイプがおすすめ。最初から濃密な泡が出るので、忙しい朝の洗顔にもおすすめです。ITEM3:細かな泡が作れるジェルタイプフェイスウォッシュ ジェル〈BAUM〉 外出した時に付着した空気中の細かな汚れも落とすには細かな泡が必要。ジェルタイプは繊細な泡が立ちやすく毛穴の汚れも落としてくれます。ITEM4:はちみつの香りに癒されながらもっちり泡で洗顔 はちみつ洗顔石けん 〈HACCI〉 固形石けんは泡立てネットを使用するともっちりとした濃密な泡ができるのが特徴。小さめにカットすれば旅行などにも持ち運びができて便利です。はちみつを10%配合した洗顔石けんで洗い上がりも乾燥知らずで潤いのあるお肌に。*****いかがでしたか?毎日行うからこそ丁寧に心がけたい洗顔。汗や皮脂が多くなるいまだからこそもう一度見直してみてはいかがですか。  

カート

在庫なし

カートは空です